懐かしの8bitパソコン(マイコン)の世界
 
昔、各社がその機能の違いを争っていたころ(御三家88、FM-7、X1やMSX)を懐かしむ
 


新しい順に表示

QB64で日本語:漢字が表示できるようになった

Windows 64bit版で使えるQBASICこと、QB64.

日本語表示が使えないようでることが難点でしたが、ついに解決の糸口が。

Wikiなどで英語でなら情報が豊富にあるので、Windowsライブラリも使えるかもしれない言語に日本語:漢字表示をすることぐらい「できるはずだと思ってました。

ただ、ほとんど英語情報しかないことが大きな壁となっていて、なかなかたどり着けずにいました。


要はunicodeの文字表示ができるかどうかなんですけどね。


_MAPUNICODE
という命令で、CHR$(n)のn:0-255にUNICODEをあてがってPRINT命令で画面に表示することができます。

ただしWindowsのテキストファイルの文字コードはSHIF-JISのため、SHIFT-JISからUNICODEへの返還テーブルを作成しないと、全角文字(2byte)をそのまま表示するというのは難しそうです。



◆サンプル・ソース

SCREEN _NEWIMAGE(800, 600, 256)
_FONT _LOADFONT("C:\windows\fonts\HGRSMP.TTF", 20, "MONOSPACE")

RESTORE Microsoft_pc_cpMIK
FOR i = 1 TO 8
READ unicode$
FOR ASCIIcode = 128 TO 255
_MAPUNICODE VAL("&H" + unicode$) + ASCIIcode - 128 TO ASCIIcode
PRINT CHR$(ASCIIcode) + " ";
IF (ASCIIcode + 1) MOD 16 = 0 THEN PRINT
NEXT
SLEEP
NEXT

ka$="あ"
c1=asc(mid$(ka$,1,1))
c2=asc(mid$(ka$,2,1))
print hex$(c1)+hex$(c2)
END

Microsoft_pc_cpMIK:
DATA 3040,3050,3060,3070,3080
DATA 3220,3230,3240



2018年6月14日(木) | トラックバック(0) | コメント(0) | PC関連 | 管理

Vintage BASIC GAME

Vintage BASICというサイトがあります。

QBASICの本に載っているプログラミング・ソースが載っているのですが、うーん。

本のページの画像なんですね。

ソースがそのままダウンロードできるわけではないです。



2017年3月6日(月) | トラックバック(0) | コメント(1) | PC関連 | 管理

QBASICで幾何学3D図形の描画

QBASICで幾何学的3D図形の描画のできるプログラミング・ソースを公開しているサイトがあります。

Joel Kahn’s Qbasic Jewelry Gallery


いろいろ数字をいじって、どう変化するのかを確かめていくことがプログラミングの世界に入っていくコツかもしれません。



2017年3月6日(月) | トラックバック(0) | コメント(0) | PC関連 | 管理

QBASICのウェブマガジン

海外では、Windows95やWindows98にQBASICが付属していたこともあり、結構人気があります。

またQBASICを継承した、QB64や free BASICなどもあるので、今でもQBASICが使われていたりします。


そんな片鱗を感じることができるウェブマガジンを見つけました。

BASIC Gamer isuue #1


パックマンやインベーダー、そしてファミコンで最も売れたあのソフトらしきものもあります。






2017年2月11日(土) | トラックバック(0) | コメント(0) | PC関連 | 管理

QB64 ローグライクのソース

UNIXで普及した古いソフトに、rougeというものがあります。

ASCII(英数半角)文字だけで構成されているダンジョンRPGゲームですが、毎回マップが変わるということで普及したようです。

改良なりを加えた亜種も多く、一般的に rouge like(ローグのようなもの)といわれています。

日本にも「風来のシレン」「トルネコの不思議なダンジョン」としてリメイクされています。
(ヴァーチャル・ハイドライドも含まれるのでしょうか。)

C言語やスクリプト言語では、ソースが公開されているようですが、BASICではほとんど見当たりません。

なんとか、QBASICやFreeBASICのサイトで、ダンジョン生成と探索を実現したソースを見つけました。

Free BASIC:Request: Ascii roguelike tutorial



2017年2月6日(月) | トラックバック(0) | コメント(0) | PC関連 | 管理

Classic PC Games (for QBASIC)

Classic PC Games
というQBASICのソースサイトというか、保存記録を見つけました。

スクリーンショット(画面写真)つきで一覧表示になっていますので、これはというものを見つけやすいです。






2015年3月27日(金) | トラックバック(0) | コメント(0) | PC関連 | 管理

QBASIC Programers

QBASIC Programersというサイトがあります。

ここも、QBASICのゲームのソースリストを公開しております。

スクリーンショットがないため、実行してみないとどんな感じのゲームかわかりません。



2015年3月19日(木) | トラックバック(0) | コメント(0) | PC関連 | 管理

QB64:PACMAN

QBASICのパックマンです。

Demu:Pac-Man (QBasic Game) (1996)

親切にもQBASIC.EXE(MS-DOS)の実行ファイル付きですが、Windows Vista以降では、そのままでは動かせません。

QB64で動かすには、ディレクトリ(パス)部分を改変するか、すべてのファイルをQB64.EXEと同じディレクトリに置けば、動作可能です。



2015年3月7日(土) | トラックバック(0) | コメント(0) | PC関連 | 管理

Windows7でもQBASIC(QUICK BASIC)が使える QB64

Windows XP以降、16ビットアプリが動作しなくなりました。
これは、DOS窓(CMD)でも、QBASICが使えなくなったことを意味します。

N88-BASICなどを使ったことにある人は、QBASIC(QUICK BASIC)の統合環境の使いやすさに感動した人も多いかと思います。

個人的には、最強のDOS系BASICではと思っております。


そんながっかりを感じている人に朗報です。

QB64 です。

QBASIC(コンパイル機能なし)は、英語Windows95/98に付属していたため、海外では結構普及しているため、その研究も進んでおり、有志によりQB64なるものが作られています。

残念ながらインタプリタではなく、RUNする度に実行ファイルが生成されますが、QBASICの統合環境の感じが再現されているので使いやすいです。

Windowsプログラミングに馴染めなかった人も、懐かしさを感じてみてはいかがでしょうか。



2015年2月21日(土) | トラックバック(0) | コメント(0) | PC関連 | 管理

ナショナルのPC:JR100

ナショナル(現パナソニック)が出した8ビットPCは、JR100です。

JR100は、6800系のCPUを持ちユーザー定義文字を持っており、それをキャラクターとして表示することができました。

CPU:MB8861(6800系)
ROM: 8KB
RAM:16KB
画面 :24x32文字(モノクロ)



2012年3月10日(土) | トラックバック(0) | コメント(0) | PC関連 | 管理

CASIO 楽がき PV-2000 ¥29,800

はじめて買った8ビットパソコンが「楽がき PV-2000」でした。
RAMが4KBと泣けるほど小さく、保存もカセットインターフェイスを別途購入する必要がありました。

でも、いちばんの泣き所は、マイコンBASICマガジンにプログラムの掲載がなかったことです。

リンク
カシオパソコンゲーム 楽(らく)がき PV-2000
えみゅなび:CASIO PV-2000
もうひとつのギャラガ(家庭用移植版の紹介 その1)
2ちゃんねるのPV-2000 楽がきのスレッド
千葉県立現代産業科学館:ゲーム用コンピュータ CASIO 楽がき PV-2000



2009年9月13日(日) | トラックバック(0) | コメント(1) | PC関連 | 管理

懐かしの8ビットパソコン(マイコン)の世界:ブログ作ってみました

ブログを作ってみました。

懐かしい8ビットパソコンの記事を見つけては、リンク収集したり、思い出を語ってみたりします。



2009年4月1日(水) | トラックバック(0) | コメント(0) | PC関連 | 管理


(1/1ページ)